著書「体内静電気を抜けば病気は怖くない」の紹介

なぜ、トドは生活習慣病にならない? メタボなのに・・・
~体内静電気を抜けば病気は怖くない~

トドみたいなトリプルドクター(医学・歯学・薬学博士) 堀泰典


悪の権化の始まりは靴の絶縁にある。

●病気の原因
 病気の原因はひとつやふたつではない。
 いろいろな要素が複合的に重なり合って病気は発生する。環境汚染があり、食べ物があり、ストレスも大きな原因だ。
 ウイルスや細菌、カビといった外部からの侵入者もあるだろう。
 これらをすべてなくしてしまおうというのは現代社会で生きていく上では不可能だ。
 大事なのは、こういう環境条件の中で、いかに健康のツボをつかむかである。
 あまり手間がかからず、お金もかからず、それでいて効果的な方法をつかむ人が健康でいられる。
 さまざまな健康法を試み、健康のために大金をつぎ込んでいる人が、がんや難病になってしまうことはいくらでもあることだ。
 そうならないためにも、ここだけは押さえておきたいという健康法をもっていたい。


●生きる目的は?
 決して健康は生きる目的ではない。
 まして長生きすることなどを目的にしていたら大変なことになる。
 80歳、90歳、100歳と生きている人はいるけど、寝たきりだったり、施設に入れられたり、認知症だったり。
 そういう長生きをして幸せだろうか。
 健康というのは、自分が生きる目的を達するための手段である。
 逆に、難病にかかったがために、世の中に重要なメッセージを送れる人もいるわけだから、健康ばかりを求めるのも決して正しいこととは言えない。
 ただ、一般的には、健康で充実した生き方をして、目的を達したら、ぽっくりとバイバイしていくというのが理想だ。
 バイバイするのは、20代かもしれないし、50代かもしれないし、80代かもしれないし、人それぞれで、年齢は関係ない。


●人生の目的を達成するための健康法とは
 私(堀)は、15のポイント(別掲)を提唱している。
 いずれも現代医学では言われていないことだが、私が長年、難病の患者さんとかかわってきて、治療の現場の中から発見したことだ。
 そして、このポイントを考えた上で治療を施すと、だれもが驚くような劇的な治癒が起こってくる。
 今回は、その中でも、もっともとっつきやすいだろうと思われる「体内静電気」を紹介したいと思っている。
 冬の晴れた日に、ドアノブや車のドアを触ったときに、パチッと静電気が起こって思わす手を引っ込めたという体験は、だれもがもっているだろうと思う。
 数万ボルトの電圧が発生していると言われる。
 それが、体表面だけでなく、体の内部でも起こっている。
 体というのは小さな細胞でできているとてもデリケートな物質である。
 そして、細胞の中には、人体の設計図といわれる遺伝子がある。
 もし、あのパチッとする静電気が遺伝子を直撃したらどんなことになるだろうか。
 細胞の異常増殖をコントロールする部分を直撃して、そこがコントロール不能になったとしたら、細胞の異常増殖、つまりがんが発生することになる。
 コンピュータのチップの工場では、神経質になりすぎるくらい静電気を除去している。
 人間の細胞とチップとどちらがデリケートだろうか。
 特にデリケートなのが神経細胞だ。
 この細胞を直撃すれば、脳と臓器や器官、筋肉との情報交換がうまくいかなくなり、アルツハイマーをはじめ、さまざまな神経系の病気を発症するだろう。
 アルツハイマーになったら、人生の目的などと言っていられなくなる。
 この病気に、体内静電気は密接にかかわっていると考えられる。
 体内静電気は血流を悪くするので、糖尿病など生活習慣病も、体内にできる静電気とは無関係ではいられない。

 私は、体内の静電気を抜くだけでも、かなりの病気が予防でき、改善することも可能だと考えている。
 手で地面を触るだけでもかなりの効果がある。海で泳ぐ、釣りに行く、農作業をする、裸足で土の上を歩く。
 昔から言われている健康法だが、その根拠は、体内静電気を考えに入れれば、十分い説明できるのだ。
 体内静電気は、体内の脂肪にたまり、ある量になると、雷が落ちるように放電をする(雷も静電気作用)。体内で起こる雷が細胞にダメージを与えるのだ。
 メタボが怖いのは、静電気をためこむ脂肪が増えるからである。
 アザラシやトドやセイウチは脂肪だらけだ。
 しかし、彼らは海で泳いでいるから、体内静電気が海水を通して放出されているので、脂肪が多くても心配ないのだ。

 静電気を抜くちょっとした工夫で、簡単に健康を守り、健康を回復でき、有意義な毎日を送りつつ、やることをやったら、バイバイというすばらしい人生を歩むことができる。

 脳の中で「落雷」が起こっている!
 
 さまざまな病気の原因となる体内静電気とそれを除去して健康になる方法。を述べています。

目次

はじめに

第1章 えっ! 体の中で静電気が発生している !?……15

えっ!体の中で静電気が発生している!? 摩擦が起こるところには、必ず静電気が発生する。たばこの煙が広がっていくのも静電気の影響! ハゲも体内静電気が原因(動物に若ハゲはいない)。 間違った健康法は命を縮める。その他。

第2章 体内静電気のメカニズム……47

体内静電気のメカニズム。どうして赤血球はあんなに見事に離れているのだろう? 人間は閉鎖系でエネルギー保存の法則が適用される。計算上では血管を1本に伸ばしたら約10万kmあるといわれる。心臓は1分間に約5リットルの血液を送り出し、血液は約1分で全身を巡ってくる。もし血液が心臓に戻ってこなければ、スタートして61秒後には心臓から送り出す血液はなくなってしまう。このスピードは約24秒で地球を1周する速さで血液は流れている計算になる。つまり、計算上では血液のスピードは時速約600万kmである。この時に発生する静電気が「体内静電気」で絶縁閾値を越えると「体内落雷」になる。その、雷が細胞の核(遺伝子)を直撃すると、がんや膠原病になり、脳神経細胞に落ちればアルツハイマーやうつ病、すい臓に落ちれば糖尿病などになりかねない。むくみも静電気の作用が大きい。動脈硬化も静電気がきっかけ。生活習慣病や疾病は体内静電気を抜き予防したいものだ。その他。

第3章 体内で起こる落雷が神経細胞を破壊する……103

体内で起こる落雷が神経細胞を破壊する。すさまじい光と音を発生させる雷も静電気による放電現象。静電気の親分で雲の中で空気と空気、氷と氷、氷と水などがこすれ合い発生している。同様に体内でも、体液と体液、赤血球と赤血球、血管と赤血球などがこすれ合い雷が発生している。静電気が放電されたときに、神経細胞がやられる。活性酸素も静電気による。アトピー性皮膚炎は立毛筋の疲労。メタボ、その他。

第4章 体内静電気はこうやって抜け!……183

体内静電気はの抜き方。睡眠時間が長すぎると体内に静電気が溜まり、認知症になりやすい。地面に手をつけるだけで体内静電気は抜ける。呼吸を活用しよう。長い息は長生きにつながる。ミネラルを摂取すること、変食をしないことも大切。その他。

第5章 ピンピンころりの人生を生きるために……225

ピンピンころりの人生を生きるために。病気は、その原因のうちひとつをなくせばよくなっていく。現代医学の15の盲点(本書記載248ページ)を提唱し、その中の1つである「筋肉の位置異常は同側性反射をする」は、学会でも発表し、「ズームイン朝」でも紹介され多くの反響があった。しかし、この考えは現代医学にはない。つまり、この考え方からすると、足首の捻挫(長短非骨筋の位置異常)を治さない限り対症療法で、現代医学では顎関節症は完治しないといえる。事実、手術を数回受けて治らなかった方が足首の捻挫を治しただけで完治した例はいくつもある。忘れてはならないことは、手術では良いところも含めて切除し、その上、根本治療は難しい場合が少なからずある。足首の捻挫を治すだけで顎関節症が改善し、ついでに偏頭痛、梨状筋症候群、坐骨神経痛も改善される場合が多い。そのように、同側性反射を治療すれば、多くの病が癒されていることも事実。人生のアホミロが大切。その他。

おわりに……252

Copyright © 2008-2021 dr-hori.com. All Rights Reserved.